薄い財布【abrasus・アブラサス】レビュー…良いとこ悪いところ!

ライフハック的アイテム…薄い財布『abrasus・アブラサス』

こんにちは!!

お勧めの “ライフハック” な商品を紹介している横山と言います。

最近また、ライフハック的アイテム薄い財布『abrasus・アブラサス』を手に入れました。

これがまた、素晴らしく使い勝手がいいんです!

ちょっと軽く出かける時など、手軽に持ち歩けるコンパクトサイズの財布というものは非常に便利なものです。

薄い財布なら、シャツやパンツのポケットにサッと入れて手ぶらで出掛けられるので、荷物にもなりません。

また、この年齢になると冠婚葬祭に頻繁に顔を出すのですが、個人的にはあまり大きなバッグは持ち歩きたくありません。

そんな時でも薄い財布なら、クラッチバッグにポーンと入れておくだけで、かさばらずに持ち歩くことが出来ます。

それから旅行の時なんかは、メインとは別に2個目のサブ財布として何かと役立ってくれます。

2個目の財布というと、どうしてもコインしか入らない小銭入れのようなものをイメージしてしまうことでしょう。

でも『アブラサス・abrasus』の薄い財布であれば、お札はもちろん、小銭入れとカード入れもついているので、とても機能的なのです。

それでいて非常に薄く、折りたたんだ状態での厚みは何と13㎜しかないのです。

お札は曲げずに入れることができるので、折り目が嫌だという人にもにもおすすめです。

カードを複数枚入れた状態で小銭を入れても膨らまないのは、その形状に秘密があります。

カード入れ部分と、小銭入れ部分が重ならないよう平行に配置してあるので、厚みが出ず、極限まで薄い財布を実現させているのです。

また、革と革の切れ目がそれぞれピッタリと重なるように設計されているので、革による厚みも軽減されてます。

小銭入れ部分にはちょうど小銭が、999円分入るようにできています。

薄い財布でこれだけは入れば十分です。

アブラサスは、とことん必要最低限にこだわって作られています。

それからカード入れ部分には左右両側に切り込みが入れてあるので、重ねて収納していてもサッと取り出せます。

メンズタイプには名刺も入れられるようになっており、ビジネスのシーンにだって使えます。

そして、お札入れ部分には札抑えの裏側に小さなポケットまで付いているんです。

家の鍵やお守りといった、ちょっとした小物を入れておくのに非常に便利な部分です。

さらにアブラサスは、素材にも非常にこだわわりがあり、天然牛革なので高級感もあります。

私ぐらいの年齢だと、やっぱり革のほうが年相応にふさわしいと思ってます。 革特有のしなやかな手触りが魅力的ですし、エンボス加工が施されていますので、さりげない光沢がありながら、万が一傷がついてしまっても目立ちにくくなっています。

それでいてこの値段!

布やナイロンの素材だと持って2年。

アブラサスだったら、一生ものとして十分すぎるぐらいの価値を発揮してくれます。

上品さと高級感を兼ね備えているのでこの薄い財布1つでも重宝しますし、2個目の財布にも妥協したくない方にもおすすめです。

是非、皆さんにもそんなアブラサスのレビューをご紹介したいと思います。

薄い財布『abrasus・アブラサス』の特徴

『abrasus・アブラサス』は、ポケットに入れて自然に馴染む、革製の薄い財布です。

その特徴を、もう少し具体的にご説明したいと思います。

その名の通り最大の特徴は、二つ折り財布とは思えないほどの薄型設計にあります。

これまでにない、カードとコインが重ならない構造の採用により、財布の厚みが全体に分散されているのです。


更に、普通の二つ折り財布に比べ、財布の革同士が重ならないよう設計された構造にもなっています。


そして、他メーカーの革製二つ折り財布が重厚な作りの外観であるのに対し、この『アブラサス・abrasus』は、薄い財布でスタイルが良く、スタイリッシュな外観が特徴になっているのです。

これらの特徴から『abrasus・アブラサス』の財布は、発売開始当初の2013年にグッドデザイン賞を受賞し、今に至るまで、薄い財布として高く評価されました。


もちろん、単純に薄くデザインが優れているだけではありません。

財布を機能的に使える構造と、薄さとを両立する設計がなされているのです。

例えば、サイズそのものの小ささです。

単純に薄くするだけであれば、財布のサイズを大きくしてポケットを分散すればできるでしょう。

『abrasus・アブラサス』の場合は、素材である革そのものを見直し設計する事で、厚みを生み出す様々な要因を取り除いているのです。

革同士を縫い合わせる縫いしろを無くす事、また、『abrasus・アブラサス』の為だけに特別に生産・加工されている薄く強度の高い革を利用する事等の工夫を随所に用いる事で、他の革製二つ折り財布に比べ、薄いながらも十分以上の強度を確保してあるのです。

もちろん、こうした難しい構造の二つ折り財布を製品化するには、革職人の優れた技術が必要不可欠です。

設計と試作とを幾度となく繰り返し、機能性や耐久性を損なわないままま、少しでも厚みが出る構造を排除しようと試行錯誤し続けた結果、その結晶として誕生したのが『abrasus・アブラサス』の薄い財布なのです。

コンパクトなサイズは、そのまま手に馴染む使いやすさに通じます。


普通の二つ折り財布は意外にサイズが大きく、特に革製の厚みのあるものはポケットに入れにくく、入ってもシャツやズボンのシルエットを極端に壊してしまいます。

ところが『abrasus・アブラサス』の場合は、全然違います。

シャツやズボンのシルエットを壊しにくく、財布を持ち運ぶ為だけにクラッチバッグ等の荷物を増やす必要なんてありません。

また、小さいからこそ、開いた瞬間にお札やカード、小銭といった収納物を一度にチェックできます。

支払いがスムーズでスマートにこなせる事は、時間を有効活用できるというイメージを与える “ライフハック” の基本であります。

知らない間に若い連中から見た私に対するイメージも、この財布1つでぐーんと上がっているのです。

実用的でありながら外観が良く、手や衣類と相性が良い『abrasus・アブラサス』であれば、ファッションに馴染む使い易い二つ折り財布として活用できるというわけです。

【abrAsusができるまで デザイナーの知恵×職人の技】

薄い財布『abrasus・アブラサス』の良いところ!

『abrasus・アブラサス』の良いところは数多くありますが、その中でも特にユーザーにとって良いところが3つあります。


■デザインの豊富さ

1つ目は、デザインやカラーの豊富さです。

例えば、色合いの多さは『abrasus・アブラサス』ならではと言えるでしょう。

一般に革の二つ折り財布と言えば、黒か茶色と相場は決まっていますが、『abrasus・アブラサス』はグリーンやブルー、オレンジといった特徴的なカラーリングの中からも選べます。

もちろん、オーソドックスな黒や茶色も揃っていますし、カジュアルなキャメルカラーや上質さを感じさせるボルドーのように他と雰囲気が違う優れたカラーも存在します。

自分が好きな色を選んでエイジングを楽しむのも良し、ファッションのコーディネートの一部として最適なカラーを選択するも良しです。

デザインの豊富さは、革自体の質感やコラボレーションといった形でも表れてます。

耐久性が高く、新品の傷が無い状態を長く保ちやすいエンボス加工が施された物、艶があって高級感の漂うクラシックモデル、高品質なイタリアンレザーを惜しみなく利用したモデル等、様々なバリエーションがあるものです。

中には、ブランドのデザイナーがデザインしたファッショナブルなモデルや、漫画やアニメのキャラクターとのコラボレーションモデルもあります。


薄い財布としてのコンセプトと設計がしっかりしているからこそできることと言えるでしょう。

また、左利きの方が使いやすい左利き用モデルも販売されていますし、男性向けや女性向けのカラーも存在します。

それから薄い長財布も用意されてますので、ますます用途も広がるはずです。

『abrasus・アブラサス』だったら使う人を選ばない、充実したラインナップが存在しているのです。


■財布としての使い勝手の良さ

2つ目は、財布としての使い勝手の良さです。

例えば、小銭入れの工夫は『abrasus・アブラサス』を象徴する特徴の1つとなっています。

普通の革製二つ折り財布の小銭入れはポケットになっていて、そのスペースに小銭を貯めておく形ですが、『abrasus・アブラサス』の場合は小銭を重ね合わせて並べる仕組みです。

支払い代金が幾らでも対応できる金額を収めておける、必要最小限の小銭だけを入れておけますし、財布の中で小銭が動き回らないので、歩いている間にコインの音が鳴りにくくなっています。


■アフターサービスの充実

3つ目は、アフターサービスが非常に充実してるところです。

経年劣化やトラブルが生じた際、『abrasus・アブラサス』を修理に対応してもらう事ができます。

修理を頼む際も、利用の流れが明確である事は、ユーザーにとって大きな安心感になるものです。

料金の見積もりを明らかにした上で修理をしてもらえますので、先に財布を送って、高額な修理費用を請求されるという心配もありません。

安心して長く利用し続けられる、ユーザーライクな財布です。

薄い財布『abrasus・アブラサス』の悪いところ!


『abrasus・アブラサス』は長所の多い二つ折り財布ですが、使い方を誤っては長所を活かせません。

また、コツを掴んでいないうちは使いにくいと感じるポイントがいくつかありますので、注意すべき点を予め把握しておくと良いでしょう。

まず、小銭入れは初めて『abrasus・アブラサス』の薄い財布を使う方が、使いにくいと感じやすいポイントです。

コイン自体は999円分入りますが、小銭入れを整理する為の小銭を、財布の為にわざわざ用意するのは面倒なものです。

揃えた小銭を整理して入れなければならない手間もあり、面倒臭がりな方にとっては最初のうちは使いにくさを感じるでしょう。

でも、こういったことって、実際に『abrasus・アブラサス』使ってみて言えるのですが、考え方次第ではないでしょうか。

一度使い方に慣れてしまえば、メリットの方が目立つポイントでもあるからです。

小銭が整理された状態で入っていますから、いちいち小銭入れを探って計算しながら取り出す必要がありません。

すぐに取り出して支払いができますから、デメリットとして諦めるより使い慣れていく事が肝心だと思います。

次の悪いところは、薄さや軽さにより、ポケットから抜け落ちやすいというポイントで注意が必要です。

これも、なんでも便利なものはそうですが、表裏一体のことであります。

特に使い慣れていない頃は、椅子やソファーなどに座った時に要注意です。

薄くて軽い財布という特徴から、いつの間にかポケットに財布を入れている事を忘れてしまいますので、落としても気づきにくいという点を押さえておきましょう。

『abrasus・アブラサス』には様々な素材やカラーのバリエーションがありますが、種類によっては表面が滑り易くて、ポケットから抜け落ちるトラブルが生じやすくなっています。

今まで使っていた財布と同じように、ヒップポケットに入れておくと、油断していては財布を無くしてしまいます。

財布を入れる場所を変える等、ある程度の工夫をすれば、デメリットを解消してメリットを活用できるでしょう。

この他にも、紙幣やカードの出し入れといった、使い方の違いがあります。

普通の二つ折り革財布であれば、財布を開いてスリットから紙幣を取り出したり、カードを抜き出したりと馴染みの使い方ができるでしょう。

『abrasus・アブラサス』の場合は、紙幣の収納や取り出し方法が変わっていますので、馴染むまでには少し手間がかかる点は否めません。

また、カード入れも慣れるまでは使いにくいポイントと感じるでしょう。

スリットに個別収納する形ではなく、カードホルダーに重ねて収納する構造になっています。

この為、複数のカードを持ち歩く時は取り出しや収納がやりにくく、利用に手間取る事もあります。

でもこの辺のことって、全て…“慣れ” の問題でありました。

私の経験則では1週間もすれば、デメリットよりメリットを十分すぎるほど感じるようになってきます。

……ですので、一度、『abrasus・アブラサス』の薄い財布を持ってしまったら、その使いやすさから手放せなくなってしまう!!…ことでしょう。

薄い財布『abrasus・アブラサス』のシリーズ一覧

では最後に、薄い財布『アブラサス・abrasus』のシリーズ一覧をご紹介いたします。


■メンズライン

カラーバリエーションが豊富で、メンズラインは11色から選ぶことができます。

エンボス加工が施された牛革は、傷や汚れが目立たず長く使うことができます。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【メンズ】の詳細・ご購入



■レディースライン

レディースラインも11色から選ぶことができます。

ダークグレーカラー、チョコ×ベージュカラー、ボルドーカラー、ダークレッドカラー、ピンクカラーが特に人気です。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【レディース】の詳細・ご購入



■classic

classicは艶のある革が特徴です。

スタイリッシュなスタイルが好きな方にお勧めです。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【classic】の詳細・ご購入



■ブッテーロ レザー エディション

ブッテーロ レザー エディションはワンランク上のイタリア産ブッテーロレザーを使用。

染料染色により革の質感や風合いが残り、透明感のある仕上がりが特徴です。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【ブッテーロ レザー エディション】の詳細・ご購入



■ダンボーVer.

あずまきよひこ氏の漫画作品、『よつばと!』シリーズに登場する架空のロボットがダンボー。

原作ではダンボールで作られていたものですが、こちらは天然のヌメ革を使用しており、原作のイメージを壊すことなく、ダンボーの顔がまんま薄い財布になってます。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【ダンボーVer.】の詳細・ご購入



■ジャコモ・ヴァレンティーニ

オロビアンコのデザイナーを務めるジャコモ・ヴァレンティーニが監修したモデルもあります。

3種類のツートンカラーで、ジャコモ氏のサインが刻印されているので、おしゃれにこだわる方におすすめのモデルです。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【ジャコモ・ヴァレンティーニ】の詳細・ご購入



■Ukyo Sasahara Edition

こちらはレーシングドライバーの笹原右京氏とアブラサスがコラボレーションしたモデル。

開けると非常にカラフルで、笹原氏のサインや、ヘルメットデザインである桜が刻印されています。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【Ukyo Sasahara Edition】の詳細・ご購入



■左利き用

左利きの友人にプレゼントしたら、非常に使いやすいとたいそう喜ばれました。

左利き専用に、その構造が左右反転しているからです。

薄い財布『abrasus・アブラサス』【左利き用】の詳細・ご購入



■薄い長財布

『abrasus・アブラサス』の薄い長財布は、何も入れてない状態で5mmの厚さ。

例え紙幣10枚、カード6枚を入れたとしても7mmの厚さに収まる驚異的な薄さを実現しています。

この薄さに1回慣れてしまうと、他の長財布がとても野暮ったく見えるので、不思議なものです。

『abrasus・アブラサス』薄い長財布の詳細・ご購入


公式オンラインショップ

薄い財布『abrasus・アブラサス』の公式オンラインショップはコチラ



コチラもおすすめ!


【Note Sleeve Wallet/BELLROY】

「財布をスリムに」する事を使命としたオーストラリア発の本革レザー財布ブランド、「BELLROY/ベルロイ」の薄い財布。

日本でも首都圏のLOFT、東急ハンズやBEAMSなど 大手リテーラーでの取扱いが急速に広がり、知名度が急上昇中の注目ブランドです。

薄い財布『BELLROY/ベルロイ』の公式オンラインショップはコチラ



■LINK